【卒業制作】編集って何をするの?

ノベルス・シナリオ学科担当の高橋です。

今回も前回に引き続き、ノベルス・シナリオ学科の2年生が作る
卒業制作について、ご紹介しますね。

前回、学生が作家と編集者、両方の立場になって作る、とお伝えしましたが、
編集者がどんな事をするのか、ちょっとイメージしにくいですよね?

ですので今回は、編集者がどんな事をするのか、その一部をご紹介します。


 

 

 

 

 

 

完成した卒業作品集の各作品には、↑の写真のように表紙と挿絵が入ります。
コラボレーションで、イラスト学科さんが描いてくださるんですよね。
毎年、ステキなイラストをありがとうございます!

で。このイラストを描いてくださいとお願いするのも、実は編集者さんのお仕事なんです。

実際にはどんな感じで進んでいくかというと、作家さんと話し合って表紙と挿絵のイメージが決まったら、
イラスト学科のどの方にイラストを描いて頂くか決め、その方と連絡を取り、
イメージを伝えて絵のお願いをし、ラフの段階でチェックして……

と、実際のお仕事の手順に沿って、作業を進めていきます。
こうして、作家さんが執筆に集中している間に、
イメージに沿ったイラストが出来あがっていくんですね。

他にも、いろいろなお仕事が編集者にはあるんですが、
そちらは、またいずれ。

それでは、また来週、お会いしましょう!