水沫先生

1年生の取材演習を教えてくださる水沫流人先生の紹介です。

写真は2014年1月角川つばさ文庫より出版の「視えるがこわい!」です。

 

2007年「七面坂心中」で第1回「幽」怪談文学賞長編部門の優秀賞を受賞し、デビュー。

「幽」怪談文学賞の選考委員の東雅夫氏から泉鏡花の再来と賞賛された。

移民たちの社会を幻想的に描いた「マリオのUFO」(KADOKAWA MF文庫ダ・ヴィンチ)は

2008年ブラジル政府より「日伯交流100周年の交流事業」として公式認定された。

 

専門学校デジタルアーツ東京ノベルス・シナリオ学科はいろいろな先生方に教えていただいています。